syatta












◆作品紹介
公開:2010年
製作:アメリカ
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ 他
精神病院から女性患者が脱走し、その捜査に二人の保安官があたります。この件とは別にこの病院では何かが行わていると疑う保安官はその真実を突き止めようとしますが、、、。

◆登場人物
シャッターアイランド 登場人物
◆ストーリー <ネタバレあり>
シャッターアイランド あらすじ
孤島”シャッターアイランド”
島にはあるのは精神病院のみ
ここにいる患者は犯罪歴のある危険な人物ばかりだった

1954年
病院から一人の女性患者が脱走
捜査にエドワードとチャックがあたることになった
エドワードは今回の捜査を自ら願い出た
彼には他の目的があった

~~~~~~~~~~~~~~~~

シャッターアイランド あらすじ
院長から簡単に病院施設の説明を受ける
A棟・・・男性患者収容
B棟・・・女性患者収容
C棟・・・危険な患者収容

脱走した女性患者・レイチェル・ソランドーの話を聞く
昨晩脱走
彼女は自分の子3人を家の裏の湖で溺死させた
ここを病院と認識できず、職員などを郵便配達人などと思い虚構の世界で生きていた

エドワードらは彼女の部屋を見せてもらう
シャッターアイランド あらすじ
窓には鉄格子、ドアには鍵
どうやって逃げた?
部屋を調べると紙切れがあった
”4の法則 67は誰?”
院長にも何のことか分からなかった

~~~~~~~~~~~~~~~~

エドワードらは職員や看護師にレイチェルの話を聞く
これといって何も情報は得られない
患者らにも聞く
みな同じようなことを言う
レイチェルの担当医であるシーアン医師は休暇で島から出ていた

エドワードは感じていた
おかしいことだらけだ
あの部屋から逃げるには外部の協力が必要だ
患者の発言はどれも同じ
担当医はこんな状況であるにもかからわず不在

エドワードは患者にレイチェルのことを聞く一方、レディスという人物のことも聞いていた
レディスを知る患者はいなかった

「レディスて誰だ?」
チャックがエドワードに聞く
「ヤツは俺と妻が住んでいたアパートの修理人だった。放火魔でアパートに火をつけ妻は死んだ。その後、この精神病院にいることが分かった」
患者達が知らないならC棟があやしいと考えていた

実はエドワードは独自にこの病院のことを調べていた
ここでは何かしら人体実験が行われていると
すべて暴く気だった

エドワードらは院長にレイチェルがどんな治療を受けていたか聞いた
院長が今の精神医学の説明をする
・保守派
 外科的治療を支持
 ロボトミー手術により病気を治す
・改革派
 薬による治療
 クロルプロマジンという新薬により病気を治す
・進歩派
 患者の話に耳を傾ける
 それが心に届き病気が治る

院長は進歩派で患者に寄り添った治療を行っていると答えた

~~~~~~~~~~~~~~~~

シャッターアイランド あらすじ
理事会
院長らが話し合っていた
エドワードらも参加する
「A棟、B棟が42人、C棟が24人」
その言葉にエドワードが反応する
「患者数が66人、レイチェルのメモ”67は誰?” 67人目がいるのでは?」
院長は否定する
続けてこう言った
「レイチェルが見つかったよ。彼女は無事だ」

~~~~~~~~~~~~~~~~

シャッターアイランド あらすじ
エドワードらはレイチェルに会いに行った
今までどうしていたのか聞く
朝食を作り、子供らを学校に送り出したと答える
彼女は虚構の世界に生きている
エドワードのことを夫だと思っていた
でも夫はすでに死んでいる
次にはあんたは誰だと言われる
結局、レイチェルからは何も聞けなかった

院長からレイチェル発見時の状況を聞かされる
灯台近くの浜で石を投げていた
それまではどこでどうしていたのか院長にも分からなかった

~~~~~~~~~~~~~~~~

ハリケーンが島を襲う
あらゆる電源設備が落ち、病院は混乱状態だった

シャッターアイランド あらすじ
混乱に乗じエドワードらはC棟に入り込む
レディスはいなかった
だが患者から情報を得る
「病院にいないなら灯台にいる」

~~~~~~~~~~~~~~~~

シャッターアイランド あらすじ
灯台は岩場を下った先にある
暗くなり始めていた
「今から岩場を下るのは危険だ」
チャックは止める
エドワードは言うことを聞かず一人で灯台に向かった

潮が満ち灯台への道が無くなり、結局行くことができなかった

エドワードは洞窟から明かりが漏れていることに気付く
洞窟へと向かった

そこには本物のレイチェルがいた
彼女は院長らから逃げていた
シャッターアイランド あらすじ
元々医者で独身であり子供もいなかった
自分の子供を殺したなど嘘であった
病院に対して疑問を持つようになった
灯台ではロボトミー手術が行わており非人道的だと
そして医者から患者にされた
この病院の全員がそれを知っている
「あなたはもうここから出れないわよ」
「私は連邦保安官だぞ」
「私は一流の精神科医で家柄も良いのにこのザマよ」

~~~~~~~~~~~~~~~~

エドワードは病院に戻る
院長に会う
「レイチェルも見つかったし、君はもう帰るのか?」
「ええ、俺たちの役目は終わりましたから」
「俺たち?」
「私とチャックですよ」
「チャック?君は一人でこの島に来たんだよ」
チャックは灯台に連れ去られたと思った

時を待ち、病院の者に見つからないように灯台へと向かった

~~~~~~~~~~~~~~~~

<ここから完全ネタバレです>

灯台に着く
階段を上がりドアを開く
院長がデスクに座っていた
シャッターアイランド あらすじ
「本物のレイチェルに聞いたぞ。ここで何をやってるか」
「レイチェルに?それはありえない、幻覚だ」
院長はエドワードの震える指先を見る
「禁断症状だな。2年間投与してきたクロルプロマジンを今は投与してないからな」
「何?お前らは俺がここに来る前から薬を盛っていたのか?」
「違う。君は患者として2年前からここにいたんだよ」
「そんなウソで俺を丸め込めると思うか?」

院長は67人目の受入票をエドワードに見せる
それの患者名は”アンドリュー・レディス”と書かれていた
”この患者は知的だが極めて妄想が強い。元連邦保安官。暴力的傾向。現実から目をそらすため物語を創作し自分の過去から逃避”

「こんなのウソだ!俺の相棒はどこだ!」
「君の妄想は何度も聞いたよ。では別の角度から話そう。奥さんの旧姓はチャナルだね」
院長はボードを見せる

”EDWARD DANIELS ー ANDREW LAEDDIS”
(エドワード ダニエルズ - アンドリュー レディス)
”RACHEL SOLANDO ー DOLORES CHANAL”
(レイチェル ソランドー - ドロレス チャナル)

”4の法則”の答えは4つの氏名のスペルの並び替えだ
「君がアンドリュー・レディスだ。よく見ろ、君が67番目の患者だ。君は訓練も受けており、非常に暴力的で危険だ。だから今回の実験が失敗したらロボトミー手術をせざるをえない」

チャックが部屋に入ってきた
シャッターアイランド あらすじ
「私は君を2年間みてきたシーアン医師だよ」
「我々は一度、君の妄想を実演し矛盾が生じれば正気に戻ると思った」

~~~~~~~~~~~~~~~~

封印していた過去を思い出す
ドロレスはうつ病で自殺願望があった
アパートに火をつけたのは彼女だった
その後、湖畔の家に引っ越した
彼女が子供3人を溺死させた
3人の子のうち女の子の名前が”レイチェル”
アンドリューに抱きついてきた
シャッターアイランド あらすじ
「私を楽にして」
アンドリューはドロレスに向かって引き金を引いた
すべてを失いアンドリューは泣き崩れた

~~~~~~~~~~~~~~~~

真実を思い出す
ショックが大きくアンドリューは気を失った


目を覚さますアンドリュー
シャッターアイランド あらすじ
シャッターアイランド あらすじ
「俺はアンドリュー・レディスだ」
彼は正気に戻り現実を受け入れた
実験は成功だった
だが、経過観察する必要はある

~~~~~~~~~~~~~~~~

シャッターアイランド あらすじ
後日
アンドリューの隣にシーアン医師が座る
遠くから院長らがこちらを見ている
「島を出よう、チャック。この島では何かとんでもないことが起きている」
シーアン医師は残念な表情を浮かべる
そして院長に向かって首を横に振る

進歩派である院長には残念な結果であった
看護師らがアンドリューに向かって歩いていく
手には手術道具があった

「どっちがマシかな?怪物として生きるか、善人として死ぬか」
シーアン医師はアンドリューの顔を見る
(もしかして君は・・)
アンドリューは看護師らの元へ歩いていく
シーアン医師は声をかける
「エドワード」
アンドリューが振り返ることはなかった
シャッターアイランド あらすじ


~おしまい~